自立・コーチング

EDUCATION育成論

選手を自立へと導くために、自立とは何か、どうすれば自立した存在になるのか、選手と接する際のコーチングの方法、コミュニケーションの取り方などに関連した記事をご紹介します。

自立・コーチングに関するタグ

ARTICLES 「自立・コーチング」に関する記事一覧

31件中 1-10

選手指導におけるメンタルマネジメントの重要性について① 「ほめる」

スポーツ選手に対するメンタルマネジメントはスペシャルから必須なものになり、現在ではチームがスポーツ心理学の専門家を招聘したりすることも珍しく...

コーチング / スポーツ思想・哲学 / 褒める叱る /

「罰走・体罰」古典的指導がもたらす悲劇 部活動における問題からジュニアサッカーを考える

キラキラとした青春の雰囲気とは裏腹に、ブラック部活や古典的指導による犠牲者は今もなお増え続けている 理不尽なルールや、指導という皮をかぶった...

スポーツ思想・哲学 /

「走れる」「背が高い」などのフィジカル的要素で適正ポジションは決めても良いのか

昨今の育成環境では、「足が速い」「体力がある」という理由で、多くの選手がサイドバックへコンバートされていく。 他にも「足元がある」からボラン...

パフォーマンス / 戦術 / 自立・コーチング /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 後編

攻撃の構築をプランしよう。 そう言われたらどのようなプランを思い浮かべるだろうか。 「ドリブルメインの個人技で切り崩す」「とにかくパスの連続...

ドイツサッカー / ポゼッションサッカー /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 前編

サッカーは自由度の高いスポーツだ。 試合では様々なシーンがあり、選手には状況に応じた判断力が求められる。 だが自由度が高い=何をしてもいいと...

ドイツサッカー / 自立・コーチング /

スポーツと教育と理不尽と 関わる大人が余裕を持つということ

スポーツとは何か?という視点でいろいろな人の意見をみていると、そこに共通するのは、「非日常的な遊び、ゲーム」ということが浮かんできます。 日...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

日本とブラジルのコーチングの違い 褒める指導と教えない指導を題材に考えてみる

ブラジルと日本の指導の違いについて考察していこう。 今回は日本でも増えている話題である「褒める」事や「教えない」事について深めていく。 勿論...

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

目の前の試合に勝利することだけ「勝つ」ことなのか 育成における「勝ち」について今一度考える

小さな子供でも、大人でも、勝負となったら誰だって勝ちたい。 勝ったらうれしいし、負けたら悔しい。 みんな試合に出たいし、試合で勝ちたいから練...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

31件中 1-10

PAGE TOP