育成論/2ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

72件中 11-20

サッカーは少年を大人にし、大人を紳士にするのか スポーツ教育の可能性を探る 

わが国の学校体育の授業は、子どもたちの技能向上と仲間づくりがもっとも重視され、それ以上に教えるべき何かがあるとは考えてこなかった歴史がありま...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

今、指導者に求められていることは何か スポーツ選手を育てること以上に大切なこと 

~選手は、俺が育てた!  2017年のデータですが、2種登録の高校3年生約60,000人のうち、Jリーガーになれたのは24名だったそうです。...

スポーツ思想・哲学 /

「走れる」「背が高い」などのフィジカル的要素で適正ポジションは決めても良いのか

昨今の育成環境では、「足が速い」「体力がある」という理由で、多くの選手がサイドバックへコンバートされていく。 他にも「足元がある」からボラン...

パフォーマンス / 戦術 / 自立・コーチング /

近代スポーツの成り立ちから見るスポーツの本質

スポーツとは運動にある要素を加えないとスポーツにならないのです。 それは「遊び」です。 スポーツでは「ゲーム(game)をプレー(play)...

スポーツ思想・哲学 /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 後編

攻撃の構築をプランしよう。 そう言われたらどのようなプランを思い浮かべるだろうか。 「ドリブルメインの個人技で切り崩す」「とにかくパスの連続...

ドイツサッカー / ポゼッションサッカー /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 前編

サッカーは自由度の高いスポーツだ。 試合では様々なシーンがあり、選手には状況に応じた判断力が求められる。 だが自由度が高い=何をしてもいいと...

ドイツサッカー / 自立・コーチング /

サッカーはサッカーをしなければ上手くならない サッカーはサッカーだけをしていても上手くならない 

昨今「サッカーはサッカーをすることでしか上手くならない」という考え方が浸透している。 その意味は「サッカーを上手にプレーするための諸要素はサ...

スポーツ思想・哲学 /

様々なGKスタイルと変わることがないGKの役割~ゴールキーピングと準備と実行~

GKの役割が変わる要因に、その国々におけるものの考え方やルールの変更、チーム戦術からの要求などが挙げられ、そうした変化の中でGKは様々なスタ...

GK / スポーツ思想・哲学 /

運動量という抽象的な表現を超えて サッカーに必要なゲーム体力を考える

指導者のエゴによって、数多の選手がその才能の芽を摘まれた。 これは高体連に限った話ではなく、ジュニア育成についても例外なく見られる傾向である...

持久力 /

スポーツと教育と理不尽と 関わる大人が余裕を持つということ

スポーツとは何か?という視点でいろいろな人の意見をみていると、そこに共通するのは、「非日常的な遊び、ゲーム」ということが浮かんできます。 日...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

72件中 11-20

PAGE TOP