育成論/3ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

96件中 21-30

「より強く有名なチームへ」という進路について 急がず焦らずゆっくりと

中学生になると「サッカーが面白くなくなった」といってサッカーをやめてしまう選手がいる。 もちろん「サッカーが楽しくない」のではなく「その環境...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

運動指導者が栄養学を学んでいるだけではダメな理由 ② ~水と人とスポーツと~

現代の栄養学は、栄養の本質からは大きく外れているということを前回お伝えした。 栄養の本質とは、動物と植物が持つ「生命力」について考えることで...

スポーツ思想・哲学 / 栄養論 / 環境 /

日本とイングランド ピッチ外における「サッカー」の違い

国や地域の文化、歴史を映す鏡としてサッカーを考える。 イングランドをはじめ、サッカー先進国にはその強さの所以となる文化や歴史的な背景が必ずあ...

スポーツ思想・哲学 /

スポマニ002【手を上げられたのに許せてしまう!?スポーツ指導における指導者と選手の関係性から体罰を考える】

体罰はダメだなことです。 もちろん。 ただし、スポーツ経験の中でや家庭内において「手を上げた/上げられる」ことの一度や二度は経験があるかもし...

スポーツマンシップ / 体罰・パワハラ /

育成年代のスポーツは遊びか、競技か、教育か スポーツと共に歩むために

スポーツは遊びである、だから楽しむべきである、という話をよく耳にする。 昨今のスポーツ指導現場における機械化・管理化に対する注意喚起的な意味...

欧州サッカー文化の日常化 日本とスペインの大きな差とは

フランスの優勝で幕を閉じたワールドカップ2018ロシア大会であったが、ベスト4にはフランス、 クロアチア、イングランド、ベルギーとヨーロッパ...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 /

「質」より「量」の弊害 日本的サッカー指導の問題点について

練習量は世界一の日本 良くも悪くも、日本の育成年代の指導方針・環境は異質である。 二部練習は当たり前、長時間行われる走り込みをベースとした練...

スポーツ思想・哲学 /

スポマニ001【体罰・パワハラを身体論・栄養学的に好き勝手喋ってみた】

パートナーシップを組んでいる、心体義塾の内田真弘氏、健康ナビゲーター久保山誉氏と共に、各々の専門分野からスポーツをマニアックに語る場、略して...

スポーツ思想・哲学 /

第2回FCL勉強会を終えての雑感 指導者の学びについて

先日第2回FCL勉強会を開催しました。 毎度、講師の寺田さんの熱意には圧倒されます。 約80分程度、ノンストップでサッカーやその指導について...

スポーツ思想・哲学 /

FCLインタビュー015【今こそスポーツマンシップについて考える 荒れるスポーツ業界におけるキーワード】

FCL動画インタビューをお送りいたします。 引き続き日本スポーツマンシップ理事の福士唯男さんにお話しを聞かせて頂きました。 今回のテーマはず...

スポーツマンシップ / スポーツ思想・哲学 / 体罰・パワハラ /

96件中 21-30

PAGE TOP