育成論/3ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

72件中 21-30

スペインと日本の比較~プレーモデルと今後の可能性について~

スペインリーガーは、試合中に何を考えてプレーしているのか。 選手それぞれによっても状況によってももちろん考えていることは違うが、共通して言え...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 /

サッカーをより面白くする存在 ゴールキーパーという唯一無二のポジションについて考える 

いよいよW杯が目前となっている。 前回大会のノイアーのプレーやハワードの驚異的なセーブシーンのようなインパクトがあるのか今から楽しみで仕方が...

日本とブラジルのコーチングの違い 褒める指導と教えない指導を題材に考えてみる

ブラジルと日本の指導の違いについて考察していこう。 今回は日本でも増えている話題である「褒める」事や「教えない」事について深めていく。 勿論...

日本とスペインの違い 目的を明確にし意図を持ってプレーする習慣化の重要性

日本代表ハリルホジッチ前監督の電撃解任のニュースが世間を賑わせているる。しかし、スペインリーグでは監督解任は日常茶飯事で、成績不振、クラブと...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

ブラジルの育成年代の現場から 日本とブラジルにおける「ミス」に対する捉え方の違い

「ブラジルでは一度でもミスをするともうパスが回って来ない」 日本でブラジルを語る時によく言われる事だ。  果たして本当のところはどうなのか?...

ブラジルサッカー /

FCL座談会 育成年代のサッカー指導について様々な角度から考える必要性

FCL座談会と銘打って、縦横無尽にサッカー育成年代の指導について思うことを、ボディコンディショニングスタジオBlue-Bird代表の大曾根聡...

スポーツ思想・哲学 /

選手が語るスペインのサッカー 現場から知識を紡ぐことの重要性

スペインサッカーと聞くと、緻密な戦術、華麗なパス回しを基本とした超攻撃型サッカーを思 い浮かべることも多いのではないだろうか。 FCバルセロ...

スペインサッカー /

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

指導者にとっての「知」とは何か 問いを持ち続けることの重要性

指導者は学び続けなければならない。 この言葉は真実であろう。世界サッカーのあり方はスピードを落とすことなく変わり続けている。 10年単位の話...

スポーツ思想・哲学 /

72件中 21-30

PAGE TOP