育成論/4ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

87件中 31-40

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 後編

攻撃の構築をプランしよう。 そう言われたらどのようなプランを思い浮かべるだろうか。 「ドリブルメインの個人技で切り崩す」「とにかくパスの連続...

ドイツサッカー / ポゼッションサッカー /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 前編

サッカーは自由度の高いスポーツだ。 試合では様々なシーンがあり、選手には状況に応じた判断力が求められる。 だが自由度が高い=何をしてもいいと...

ドイツサッカー / 自立・コーチング /

サッカーはサッカーをしなければ上手くならない サッカーはサッカーだけをしていても上手くならない 

昨今「サッカーはサッカーをすることでしか上手くならない」という考え方が浸透している。 その意味は「サッカーを上手にプレーするための諸要素はサ...

スポーツ思想・哲学 /

様々なGKスタイルと変わることがないGKの役割~ゴールキーピングと準備と実行~

GKの役割が変わる要因に、その国々におけるものの考え方やルールの変更、チーム戦術からの要求などが挙げられ、そうした変化の中でGKは様々なスタ...

GK / スポーツ思想・哲学 /

運動量という抽象的な表現を超えて サッカーに必要なゲーム体力を考える

指導者のエゴによって、数多の選手がその才能の芽を摘まれた。 これは高体連に限った話ではなく、ジュニア育成についても例外なく見られる傾向である...

持久力 /

スポーツと教育と理不尽と 関わる大人が余裕を持つということ

スポーツとは何か?という視点でいろいろな人の意見をみていると、そこに共通するのは、「非日常的な遊び、ゲーム」ということが浮かんできます。 日...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スペインと日本の比較~プレーモデルと今後の可能性について~

スペインリーガーは、試合中に何を考えてプレーしているのか。 選手それぞれによっても状況によってももちろん考えていることは違うが、共通して言え...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 /

サッカーをより面白くする存在 ゴールキーパーという唯一無二のポジションについて考える 

いよいよW杯が目前となっている。 前回大会のノイアーのプレーやハワードの驚異的なセーブシーンのようなインパクトがあるのか今から楽しみで仕方が...

日本とブラジルのコーチングの違い 褒める指導と教えない指導を題材に考えてみる

ブラジルと日本の指導の違いについて考察していこう。 今回は日本でも増えている話題である「褒める」事や「教えない」事について深めていく。 勿論...

日本とスペインの違い 目的を明確にし意図を持ってプレーする習慣化の重要性

日本代表ハリルホジッチ前監督の電撃解任のニュースが世間を賑わせているる。しかし、スペインリーグでは監督解任は日常茶飯事で、成績不振、クラブと...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

87件中 31-40

PAGE TOP