育成論/6ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

94件中 51-60

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

指導者にとっての「知」とは何か 問いを持ち続けることの重要性

指導者は学び続けなければならない。 この言葉は真実であろう。世界サッカーのあり方はスピードを落とすことなく変わり続けている。 10年単位の話...

スポーツ思想・哲学 /

目の前の試合に勝利することだけ「勝つ」ことなのか 育成における「勝ち」について今一度考える

小さな子供でも、大人でも、勝負となったら誰だって勝ちたい。 勝ったらうれしいし、負けたら悔しい。 みんな試合に出たいし、試合で勝ちたいから練...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スポーツ現場の仕事において最も大切な事 答えのない世界において

様々なテーマで気ままに続けさせていただいた連載も、今回をもって最後となります。 どういったテーマで本連載を締めくくるのか試行錯誤しましたが、...

スポーツ思想・哲学 /

サッカー漬けの選手達 関わる大人が考えるべきこと

「練習量はうちの方が絶対に上なんだ。なのになんで勝てない!」 そんな指導者の声を何度も聞いたことがある。頑張っている→うまくいかない→もっと...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スポーツとフェアプレイ マリーシアと人間形成と 

良心とは何か スポーツを通して人間形成をする。フェア精神やフェアプレーと呼ばれるものは、人間の良心に依存するものと言える。  良心は生まれつ...

スポーツ思想・哲学 /

サッカーの楽しさとは何か 勝つこと上手くなることを超えて

相手との競争のみならず、チーム内での競争も激化し、レギュラー/非レギュラーという序列が生み出され、トレセンの合格や、より有名で強いチームへの...

スポーツ思想・哲学 / 育成論 / 自立・コーチング /

南米の隠れた育成大国ペルーから学ぶ

ペルーサッカーと聞いてどんな印象があるだろうか? 正直ほとんど知らないのが現実だろう。 実は2017年10月16日発表のFIFAランクでは1...

ペルーサッカー / 自立・コーチング /

名コーチは必ずしも名プレイヤーに非ず 「指導者主体」という問題について

名選手必ずしも名監督に非ず、という格言がある。 これは、一流の選手になればなるほど、自分がどのような「知」に基づきプレーしているかを説明でき...

94件中 51-60

PAGE TOP