育成論/9ページ目

育成論に関するカテゴリ

ARTICLES 「育成論」に関する記事一覧

111件中 81-90

ドイツにおけるサッカージュニア年代の位置づけと取組み

ドイツサッカーにおけるジュニア期とはU11までを指す。 青年期がU15(14-15歳)以降とされ、日本でいう小学校高学年から中学1年生に当た...

スポーツ思想・哲学 / ドイツサッカー / 自立・コーチング /

育成論

2017.10.23

FCLインタビュー009「導く関係について考える 保護者やお父さんコーチはどのように選手に関わるべきか」

本日は、FCL動画インタビュー第9回目「導く関係について考える 保護者やお父さんコーチはどのように選手に関わるべきか」をお送り致します。今回...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スポーツ指導に対する一考 大人と子供の違い

運動することとスポーツをすることの違い。前回のシリーズで話に触れてきたが、今シリーズではもう少しそれについて違う角度から話をしてみたいと思う...

スポーツ思想・哲学 / パフォーマンス / 呼吸 / 姿勢 / 感覚 /

選手にとって「良い指導者」とはどんな存在かを考える

サッカー日本代表は、今年8月31日に埼玉スタジアムにて行われたワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦にて、勝利を納め、6大会連続の出場...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

カウンターアタックがなぜ有効なのかを考える

全体の得点のカウンターアタックが占める割合は約35%と言われています。 これを聞いて、たった35%と思った方もいらっしゃると思いますが、サッ...

カウンターサッカー / サッカー / ポゼッションサッカー /

スポーツにおいて「良い姿勢」という絶対解は存在するのか

昨今では、「姿勢が良い」事が競技力の向上や傷害予防に役立つとして、ストレッチングや呼吸やトレーニング等様々な方法論が主張されている。 一般的...

スポーツ思想・哲学 / パフォーマンス / 姿勢 /

「育成と勝敗のどちらが大事であるか」という二項対立の図式を超えて

ジュニア年代の指導者が育成を考える上で「どうすれば試合に勝てるのか」「何をすれば選手は上手くなるのか」「育成の目的は○○大会優勝である」「プ...

スポーツ思想・哲学 /

日本とスペインの育成年代のプレースピードの違いについて

前回はスペイン育成年代指導者の養成、選手の戦術理解度について述べた。 今回は日本育成年代の選手の戦術理解度におけるプレースピードをテーマに何...

スペインサッカー / 判断 / 戦術 / 技術 /

人の運動は「感動」感じて動いて、動いて感じる なぜトレーニングは必要なのかpart3

第一回、二回と運動とスポーツの違いとは何かを柱に話を進めてきましたが、体を動かすということは大人が子供に教えることではない、というのがその本...

自立・コーチング /

ブラジルサッカーの育成から学ぶ

世界一のサッカー選手産出国ブラジル。ペレ、ロナウジーニョ、ネイマールetc,,,いつの時代も創造性溢れるブラジル人選手のプレーは世界を魅了し...

ブラジルサッカー /

111件中 81-90

PAGE TOP