スポーツ思想・哲学/2ページ目

スポーツ思想・哲学に関するタグ

ARTICLES 「スポーツ思想・哲学」に関する記事一覧

73件中 11-20

トレーニング論と稽古論(2) ―「教え」と「学び」に着目して

前回のエッセイ、「トレーニング論と稽古論(1)―東洋と西洋の「身体観」の相違から―」では、東洋が「身体から心へ」とアプローチを試みるのに対し...

スポーツ思想・哲学 /

サッカーは楽しい、素晴らしい そう言えるための大人の学び

サッカーの楽しさとは何だろうか、とふと考えることがある。 試合に勝つこと、上手くなること。 であろうか。 では、サッカーの素晴らしさとは何だ...

スポーツ思想・哲学 /

トレーニング論と稽古論(1) ―東洋と西洋の「身体観」の相違から―

スポーツ指導における体罰やハラスメント、あるいは度を越えた厳しい指導法は、近年のマスメディアでしばしば取り上げられ、社会的に注目されるように...

スポーツ思想・哲学 /

ドイツの指導哲学 方法学的ゲーム系統について

私はケルン体育大学のサッカーコースで20人程の講義室で学生の発表を聞いていた。その中で、ドイツ人が他国へ出向き、育成システムを作り上げる事に...

ドイツサッカー /

進化と変化を繰り返すフットボール 時代と逆行する日本の育成の在り方は正しいのか

昨今、サッカーの競技レベル向上・発展のスピードは加速の一途をたどっている。 中でも、フィジカル的なアプローチがある程度確立された現代フットボ...

スポーツ思想・哲学 /

育成論

2019.02.04

FCLインタビュー016 ドイツと日本の育成の違い、という単純な比較を超えて、日本のサッカー環境を考える 中野吉之伴氏

FCLインタビュー016「ドイツと日本の育成の違い、という単純な比較を超えて、日本のサッカー環境を考える」をお送り致します。 今回は、ドイツ...

スポーツ思想・哲学 / ドイツサッカー /

「より強く有名なチームへ」という進路について 急がず焦らずゆっくりと

中学生になると「サッカーが面白くなくなった」といってサッカーをやめてしまう選手がいる。 もちろん「サッカーが楽しくない」のではなく「その環境...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

運動指導者が栄養学を学んでいるだけではダメな理由 ② ~水と人とスポーツと~

現代の栄養学は、栄養の本質からは大きく外れているということを前回お伝えした。 栄養の本質とは、動物と植物が持つ「生命力」について考えることで...

スポーツ思想・哲学 / 栄養論 / 環境 /

日本とイングランド ピッチ外における「サッカー」の違い

国や地域の文化、歴史を映す鏡としてサッカーを考える。 イングランドをはじめ、サッカー先進国にはその強さの所以となる文化や歴史的な背景が必ずあ...

スポーツ思想・哲学 /

スポマニ002【手を上げられたのに許せてしまう!?スポーツ指導における指導者と選手の関係性から体罰を考える】

体罰はダメだなことです。 もちろん。 ただし、スポーツ経験の中でや家庭内において「手を上げた/上げられる」ことの一度や二度は経験があるかもし...

スポーツマンシップ / 体罰・パワハラ /

73件中 11-20

PAGE TOP