トレーニング論/2ページ目

トレーニング論に関するカテゴリ

ARTICLES 「トレーニング論」に関する記事一覧

70件中 11-20

日本とスペインの違い 目的を明確にし意図を持ってプレーする習慣化の重要性

日本代表ハリルホジッチ前監督の電撃解任のニュースが世間を賑わせているる。しかし、スペインリーグでは監督解任は日常茶飯事で、成績不振、クラブと...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

少年サッカー怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【後編】

後編では、前編で上げた良い姿勢の5つの視点、①力学的視点、②生理的視点、③心理学的視点、④作業能率的視点、⑤美学的視点についてそれぞれ具体的...

スポーツ障害・外傷 / 姿勢 /

サッカー選手のためのセルフケア&ウォーミングアップに使える上肢の回旋エクササイズ初級 怪我予防&運動パフォーマンス向上への取り組み

本日はFCLオリジナルコンテンツ「セルフケア&ウォーミングアップに使える上肢の回旋エクササイズ初級」をお送り致します。 上半身において「体幹...

スポーツ障害・外傷 /

防ぐ守備より奪う守備 日本とブラジルの守備観の違い 

ペレ、ロナウジーニョ、ネイマール、ロナウド・・・etc 数多くのクラッキ(スター)を生み出したブラジルにおいて、攻撃的なサッカーのイメージを...

サッカー / ブラジルサッカー / 守備 /

FCLインタビュー013少年サッカー怪我予防論 怪我の予防を包括的に捉えるための思考

FCL動画インタビューをお送り致します。 今回は、ボディコンディショニングスタジオBlue-Bird代表の大曾根聡さんとNPO法人ペインヘル...

コーチング / スポーツ障害・外傷 / 自立・コーチング /

少年サッカーの怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【前編】

「姿勢が悪いと怪我をしやすくなる」とか、「怪我に強くなるためには姿勢を改善しないといけない」などと言われると、ああそうだなと納得してしまう方...

スポーツ障害・外傷 / パフォーマンス / 姿勢 / 感覚 /

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

なぜ怪我を繰り返してしまうのか 根本的な理解に向けて【後編】

怪我と体力、社会の変化 怪我へ影響与えるものとして、どのような体力レベルを備えているかは、大きな要因となります。 体力を厳密に定義することは...

スポーツ障害・外傷 /

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

現代サッカーにおけるオフ・ザ・ボールの重要性 「サポート」のコンセプトの理解

現代サッカーではポジショナルサッカーが主流になりかけてきていますが、現マンチェスターシティ監督のジョゼップ・グアルディオラ中心になぜボールを...

ポジショニング / ポジション /

70件中 11-20

PAGE TOP