トレーニング論/3ページ目

トレーニング論に関するカテゴリ

ARTICLES 「トレーニング論」に関する記事一覧

70件中 21-30

少年サッカーの怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【前編】

「姿勢が悪いと怪我をしやすくなる」とか、「怪我に強くなるためには姿勢を改善しないといけない」などと言われると、ああそうだなと納得してしまう方...

スポーツ障害・外傷 / パフォーマンス / 姿勢 / 感覚 /

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

なぜ怪我を繰り返してしまうのか 根本的な理解に向けて【後編】

怪我と体力、社会の変化 怪我へ影響与えるものとして、どのような体力レベルを備えているかは、大きな要因となります。 体力を厳密に定義することは...

スポーツ障害・外傷 /

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

なぜ怪我を繰り返してしまうのか 根本的な理解に向けて【前編】

スポーツに怪我はつきものです。スポーツに取り組む人で、特に身体接触が伴うサッカーのようなスポーツにおいて、怪我を全くした事のない人はほとんど...

スポーツ障害・外傷 /

ジュニア年代における「ボールを持てる選手」や「個の強さ」に対する憧れについて

情況判断が悪いと言われる選手がいる。 ボールを持ちすぎてしまう選手に使われる言葉だ。 昨今、「ボールを持てること」が「個の強さ」と考えられて...

サッカー / ドリブル / フェイント / 個人戦術 / 判断 / 戦術 / 技術 /

ポジショナルサッカーにおけるセンターバックの重要性

サッカーは常に時代により進化し続けており、現在のサッカーもたった10年前と比べても大きく変化をしています。 中でもポジショナルサッカーにおけ...

サッカー / スペインサッカー /

守備的能力の重要性「マルアン・フェライニ」が試合に出る理由 

世界で最も偉大なサッカーの監督をあげるとしたら、間違いなくモウリーニョかグアルディオラと答えるでしょう。 彼らの選手は世界中から集められたエ...

マルアン・フェライニ / 一対一 / 個人戦術 / 守備 /

名コーチは必ずしも名プレイヤーに非ず 「指導者主体」という問題について

名選手必ずしも名監督に非ず、という格言がある。 これは、一流の選手になればなるほど、自分がどのような「知」に基づきプレーしているかを説明でき...

《よく動く柔らかい肩甲骨》がパフォーマンス向上に繋がる、という発想を超えて

「肩甲骨が良く動く方が良い」という言葉を聞く事がある。 実際に様々な競技のウォーミングアップを見ていると、胸郭から肩甲骨を独立させて動かす事...

パフォーマンス / 肩甲骨 /

70件中 21-30

PAGE TOP