トレーニング論/6ページ目

トレーニング論に関するカテゴリ

ARTICLES 「トレーニング論」に関する記事一覧

68件中 51-60

サッカーにおけるボールフィーリングの正体と基礎トレーニング期

ジュニア年代は、その後の専門化のための基礎トレーニング期と考えられている。 ボール感覚 サッカーはボールをゴールに運ぶスポーツだ。ゴールにボ...

ボール感覚 / 技術 / 発育発達 /

精神統一と心身統一 呼吸と息遣い 

感動する、これは動物の生きるための基本と言えます。感じて動き、動いて感じる。いわゆる低次レベルでの反射ともいえるシステムですが、これがなけれ...

パフォーマンス /

サッカーという情況系スポーツにおける「技術力」について

ハンドの禁止はサッカーを特徴づけるルールであると同時に、サッカーの難しさを生み出す要因にもなっている。 巧緻な作業に不向きな足(厳密には手以...

技術 /

体と動きの理解 知っておきたい人間の発達①

運動指導者やトレーニング指導者はヒトの発達について学ぶ必要がある。ヒトの発達は、医療・保健関連の専門教育が開始された1960年代頃から「人間...

パフォーマンス / 発育発達 /

精神統一と心身統一 呼吸と姿勢の重要性

前回までは精神と根性の違いについてお話を進めてきましたが、では具体的にいかに理性と本能、そして肉体という三つを一つにするのか?つまりは心、技...

パフォーマンス /

少年サッカーで強いチームの特徴 ある年代でだけ通用する戦い方やプレー

「デュエル」という言葉が取りざたされていて、球際の激しさであったり、コンタクトの激しさ、そういったことの重要性が説かれ、育成年代からも取り組...

サッカー /

ジュニア年代ににおけるパスサッカーの弊害 ゴールを目指す意識の欠如について

指導現場では、本来は「手段」であるにも関わらずそれ自体が目的化してしまう「手段の目的化」は起きやすい現象の一つである。 ボールポゼッションを...

パフォーマンス / ポゼッションサッカー /

一対一のトレーニングで「個の力」は身につくのか なぜそのトレーニングを行うのかを考える

ジュニア年代では、突破できること、ボールを取られないこと、ボールを持てることが良い選手の条件であり、それらが個の力という風にして捉えられてい...

サッカー / ドリブル / 一対一 /

感覚を鍛える

スポーツのあらゆるシーンで「感覚」と言う言葉が使われている。 「あの選手は感覚でプレーしている」とか、「感覚的に優れている」等はよく耳にする...

スポーツ障害・外傷 / 感覚 /

育成年代では判断よりも技術が大事

育成年代において、いつ・どこで・何を見て・どのように判断しどんなプレーをするのか、というような状況判断が重要視され、早期育成・専門化の波もあ...

サッカー / パフォーマンス / 判断 / 技術 /

68件中 51-60

PAGE TOP