FCL育成談義第11回目 サッカーにおけるドリブラーとは才能である

本日はFCL育成談義第11回目「ドリブラーとは才能である」をお送り致します。今回も前回に引き続きJFA公認仲介人としてプロサッカー選手のエージェント・マネジメント業務を主として活動している門井博俊さんとお送り致します。

ドリブラーは才能である、育てるものではない。ということの意味は決してネガティブなものではありませんが、ひとつ大事なこととして、指導者が何もかもを教えることはできないという意味においては、常に念頭において置く必要があるかもしれません。

ぜひ、ご拝聴ください。

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP