ARTICLES 「パフォーマンス」に関する記事一覧

54件中 11-20

運動量という抽象的な表現を超えて サッカーに必要なゲーム体力を考える

指導者のエゴによって、数多の選手がその才能の芽を摘まれた。 これは高体連に限った話ではなく、ジュニア育成についても例外なく見られる傾向である...

持久力 /

日本とスペインの違い 目的を明確にし意図を持ってプレーする習慣化の重要性

日本代表ハリルホジッチ前監督の電撃解任のニュースが世間を賑わせているる。しかし、スペインリーグでは監督解任は日常茶飯事で、成績不振、クラブと...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

防ぐ守備より奪う守備 日本とブラジルの守備観の違い 

ペレ、ロナウジーニョ、ネイマール、ロナウド・・・etc 数多くのクラッキ(スター)を生み出したブラジルにおいて、攻撃的なサッカーのイメージを...

サッカー / ブラジルサッカー / 守備 /

FCLインタビュー013少年サッカー怪我予防論 怪我の予防を包括的に捉えるための思考

FCL動画インタビューをお送り致します。 今回は、ボディコンディショニングスタジオBlue-Bird代表の大曾根聡さんとNPO法人ペインヘル...

コーチング / スポーツ障害・外傷 / 自立・コーチング /

ドイツの現場を参考に「生きた技術」について考える 日本的課題の解決のために

ジュニア期で技術的に求められる能力とはなんだろうか。 拙著「世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書」で僕は次...

少年サッカーにおけるリフティング神話 ボールに慣れること自信をつけること

リフティングが出来ない選手を見かけると「リフティング「も」できないのか、大丈夫かよ。」と感じてしまう指導者は多いだろう。 我々の頭の片隅には...

サッカー / ボール感覚 / リフティング /

ジュニア年代における「ボールを持てる選手」や「個の強さ」に対する憧れについて

情況判断が悪いと言われる選手がいる。 ボールを持ちすぎてしまう選手に使われる言葉だ。 昨今、「ボールを持てること」が「個の強さ」と考えられて...

サッカー / ドリブル / フェイント / 個人戦術 / 判断 / 戦術 / 技術 /

ポジショナルサッカーにおけるセンターバックの重要性

サッカーは常に時代により進化し続けており、現在のサッカーもたった10年前と比べても大きく変化をしています。 中でもポジショナルサッカーにおけ...

サッカー / スペインサッカー /

名コーチは必ずしも名プレイヤーに非ず 「指導者主体」という問題について

名選手必ずしも名監督に非ず、という格言がある。 これは、一流の選手になればなるほど、自分がどのような「知」に基づきプレーしているかを説明でき...

《よく動く柔らかい肩甲骨》がパフォーマンス向上に繋がる、という発想を超えて

「肩甲骨が良く動く方が良い」という言葉を聞く事がある。 実際に様々な競技のウォーミングアップを見ていると、胸郭から肩甲骨を独立させて動かす事...

パフォーマンス / 肩甲骨 /

54件中 11-20

PAGE TOP