スポーツ障害・外傷

TRAININGトレーニング論

オスグッドシュラッダー病、アキレス腱炎、シンスプリントなどのスポーツ障害(オーバーユース)や、捻挫、肉離れ、打撲などのスポーツ外傷のメカニズム、予防法、対応策について紹介するページになります。

ARTICLES 「スポーツ障害・外傷」に関する記事一覧

16件中 1-10

今、指導者に求められていることは何か スポーツ選手を育てること以上に大切なこと 

~選手は、俺が育てた!  2017年のデータですが、2種登録の高校3年生約60,000人のうち、Jリーガーになれたのは24名だったそうです。...

スポーツ思想・哲学 /

少年サッカー怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【後編】

後編では、前編で上げた良い姿勢の5つの視点、①力学的視点、②生理的視点、③心理学的視点、④作業能率的視点、⑤美学的視点についてそれぞれ具体的...

スポーツ障害・外傷 / 姿勢 /

サッカー選手のためのセルフケア&ウォーミングアップに使える上肢の回旋エクササイズ初級 怪我予防&運動パフォーマンス向上への取り組み

本日はFCLオリジナルコンテンツ「セルフケア&ウォーミングアップに使える上肢の回旋エクササイズ初級」をお送り致します。 上半身において「体幹...

スポーツ障害・外傷 /

FCLインタビュー013少年サッカー怪我予防論 怪我の予防を包括的に捉えるための思考

FCL動画インタビューをお送り致します。 今回は、ボディコンディショニングスタジオBlue-Bird代表の大曾根聡さんとNPO法人ペインヘル...

コーチング / スポーツ障害・外傷 / 自立・コーチング /

少年サッカーの怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【前編】

「姿勢が悪いと怪我をしやすくなる」とか、「怪我に強くなるためには姿勢を改善しないといけない」などと言われると、ああそうだなと納得してしまう方...

スポーツ障害・外傷 / パフォーマンス / 姿勢 / 感覚 /

なぜ怪我を繰り返してしまうのか 根本的な理解に向けて【後編】

怪我と体力、社会の変化 怪我へ影響与えるものとして、どのような体力レベルを備えているかは、大きな要因となります。 体力を厳密に定義することは...

スポーツ障害・外傷 /

なぜ怪我を繰り返してしまうのか 根本的な理解に向けて【前編】

スポーツに怪我はつきものです。スポーツに取り組む人で、特に身体接触が伴うサッカーのようなスポーツにおいて、怪我を全くした事のない人はほとんど...

スポーツ障害・外傷 /

選手に関わる前提 指導者が持つべき倫理観 

スポーツ指導者の方が、スポーツ指導の現場で 1:トレーニング指導2:テーピングの指導3:負傷に対する対応の指導 これらを行なっている風景を、...

スポーツ思想・哲学 /

「怪我を防ぐ」ということについての考察 怪我にまつわる様々な事象

スポーツに関わる専門職の多くが、「怪我を防ぐ」事について考えた事があるだろう。怪我は選手に対し多大な機会損失を与えるばかりか、選手としての未...

スポーツ思想・哲学 / スポーツ障害・外傷 /

FCL育成談義第17回目 パフォーマンス向上のための包括的視点

本日はFCL育成談義第16回目パフォーマンス向上のための考え方を、小野整骨院院長の小野卓弥氏とお送り致します。スぺシャリストであることも大事...

パフォーマンス /

16件中 1-10

PAGE TOP