“トレーニング論”の記事まとめ
/ 5ページ目

タグ “トレーニング論” がついた記事の一覧です

ARTICLES 「トレーニング論」に関する記事一覧

96件中 41-50

守備的能力の重要性「マルアン・フェライニ」が試合に出る理由 

世界で最も偉大なサッカーの監督をあげるとしたら、間違いなくモウリーニョかグアルディオラと答えるでしょう。 彼らの選手は世界中から集められたエ...

マルアン・フェライニ / 一対一 / 個人戦術 / 守備 /

南米の隠れた育成大国ペルーから学ぶ

ペルーサッカーと聞いてどんな印象があるだろうか? 正直ほとんど知らないのが現実だろう。 実は2017年10月16日発表のFIFAランクでは1...

ペルーサッカー / 自立・コーチング /

《よく動く柔らかい肩甲骨》がパフォーマンス向上に繋がる、という発想を超えて

「肩甲骨が良く動く方が良い」という言葉を聞く事がある。 実際に様々な競技のウォーミングアップを見ていると、胸郭から肩甲骨を独立させて動かす事...

パフォーマンス / 肩甲骨 /

日本・ブラジル・アルゼンチンにおける「プレー観」の違い

“日中韓のサッカーは全部同じ” “カタールもカンボジアも含めてアジアサッカーは全て同じ” もし欧州や南米の人にそう言われると、少し違和感を覚...

アルゼンチンサッカー / サッカー / ブラジルサッカー / 一対一 / 判断 / 技術 /

「運ぶドリブル」と「仕掛けるドリブル」の違いの理解に向けて コンドゥクシオンとレガテ

前回までは、スペインの育成年代の指導者の養成、育成年代の選手の戦術理解度=プレースピードの違いについて述べてきました。 今回はスペインにおけ...

スペインサッカー / ドリブル / 判断 / 戦術 / 技術 /

FCLインタビュー010「指導者と父性原理と母性原理 役を演じることの重要性」

本日はFCL動画インタビュー第10回目「指導者と父性原理と母性原理 役を演じることの重要性」をお送り致します。前回に引き続き、FC Will...

サッカー / スポーツ思想・哲学 / 育成論 / 自立・コーチング /

ドイツにおけるサッカージュニア年代の位置づけと取組み

ドイツサッカーにおけるジュニア期とはU11までを指す。 青年期がU15(14-15歳)以降とされ、日本でいう小学校高学年から中学1年生に当た...

スポーツ思想・哲学 / ドイツサッカー / 自立・コーチング /

〈体幹神話〉の問い直し 体幹トレーニングは競技力向上に繋がるのか

 一昔前になるが、「体幹トレーニング」というトレーニングが某有名選手を通じ、メディアで取り上げられ話題になった。その効果もあってか、競技指導...

パフォーマンス / ファンクショナルトレーニング / 体幹トレーニング /

スポーツ指導に対する一考 大人と子供の違い

運動することとスポーツをすることの違い。前回のシリーズで話に触れてきたが、今シリーズではもう少しそれについて違う角度から話をしてみたいと思う...

スポーツ思想・哲学 / パフォーマンス / 呼吸 / 姿勢 / 感覚 /

カウンターアタックがなぜ有効なのかを考える

全体の得点のカウンターアタックが占める割合は約35%と言われています。 これを聞いて、たった35%と思った方もいらっしゃると思いますが、サッ...

カウンターサッカー / サッカー / ポゼッションサッカー /

96件中 41-50

PAGE TOP