FCL座談会 育成年代のサッカー指導について様々な角度から考える必要性

FCL座談会と銘打って、縦横無尽にサッカー育成年代の指導について思うことを、ボディコンディショニングスタジオBlue-Bird代表の大曾根聡さん、NPO法人ペインヘルスケアネットワークの永田将行さんと共に、気楽に好き勝手に喋ってみました。

型にはまったトレーニングはダメ!?

ひとつの事だけをやり続けるのは間違っている!?

サッカーをしていない人たちが教えるサッカー・・・

ウォームアップとクールダウンの意義

トレーニングとしてのリフティングの必要性

指導者が教えることに意味はあるのか!?

etc

話がいろんな方向に展開することで、様々な気づきもあるかと思います。

ぜひご覧になってみてください。

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP