FCL育成談義第3回目 サッカーと多様な動き・遊びの関係

本日はFCL育成談義第三回目「サッカーと多様な動き・遊びの関係」を前回に引き続きパフォーマンスコーチの阿部勝彦氏とお送りいたします。

 

サッカーはボールを扱うスキルという部分に注目されることが多いので、もう少し「人が動く」という部分や「ボールを扱う体」という部分が強調されてもいいかもしれません。

 

育成年代では特に、専門的なトレーニングというより、「転がる」「投げる」「走る」といったような基礎的な運動をしっかりと行っていくことが重要そうです。

 

サッカーのみの視点ではなく、様々な視点から育成指導を考えられることが重要です。

 

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP