日本とスペインの育成年代のプレースピードの違いについて

前回はスペイン育成年代指導者の養成、選手の戦術理解度について述べました。今回は日本育成年代の選手の戦術理解度におけるプレースピードをテーマに何が違うかを展開していきたいと思います。

年々、オフシーズンを利用し、日本に来日しクリニック・キャンプなどを実施するスペイン人指導者が増えています。スペインのビッグクラブ下部組織のコーチからスクールの指導者まで様々ですが、彼らが口を揃えて指摘するのが「プレースピードが遅い」という部分です。

プレースピードとは足の速さとは異なります。育成年代の日本人選手は海外の選手とと比べ俊敏性、アジリティに関しては上回る選手も多く、小回りのきく選手は多くいます。スペイン人指導者も、アジリティ能力や技術スキルに関しては非常に高いものがあると評価をします。

プレースピードとは何か。

まず一つ目に判断の早さが挙げられます。ボールを受ける前の「認知」=つまり情報収集からボールを受けた後の「実行」までのスピードを指します。スペインではボールを受けてから実行までのスピードが求められるポイントであり重要視されています。スペインでは、判断の早さを上げていくために「戦術的理解度」が必要とされています。

サッカーは、試合の中で二度と同じシーンは再現されないと言われます。その時の味方の位置、相手の位置、ボールの回転、観客の素ぶりまで、毎回あらゆる複雑な項目が重なり各状況は異なります。

スペインでは戦術的トレーニングを小学生年代から行います。攻撃的項目から守備的項目、セットプレーまで試合で起こりうるシーンを解決するためのトレーニングを構成し、選手はコンセプトを理解することで「試合に似ている状況」が生まれた時に正しい選択をできるようになります。

二つ目に「パススピード」です。パススピードが遅い場合、インターセプトされてしまうことや、次の選手にボールが渡るスピードが秒単位で遅くなります。

三つ目にディフェンスのプレッシングスピード。この項目についてはクラブによっては、早いプレッシングで前線からボールを奪えるクラブもありますが、正しいコンセプトで全ての状況に対応できるチームは多くはありません。

各選手は、トレーニングからボールを持っている時に発生する技術的項目の正しい使用方法を理解し、戦術的項目を理解することでプレーする時のスピードは相手を上回ることができます。

ロンドと呼ばれるボールポゼッションの中でも、コンセプトを変えてトレーニングをすることで状況に応じた解決方法を習得できます。現マンチェスターシティのグアルディオラ監督のトレーニングはポジションを固定する中でのボールポゼッション=Juego de Posicionと呼ばれる「ロンド」のトレーニングで、各選手が適正なポジションの中で正しい判断と、相手のプレッシャーを回避するトレーニングを行なっています。

スペインで最も大きな世界大会と呼ばれる「MIC地中海サッカー大会」の決勝では、小学6年-中学1年カテゴリーの決勝でFCバルセロナとレアル・マドリードが対戦しました。この試合では先ほど挙げた3つのプレースピードが明確に表れている試合です。

体格は日本の選手とさほど変わらないですが、プレースピードに関しては遥かに先をいっています。戦術理解度から技術の使用方法まで、いつ、どこで、何を、どのようにプレーしなければならないのかを、瞬時のその時の状況に応じて解決しているシーンが多く見受けられるでしょう。

今後、日本の育成年代の選手のプレースピードをあげるためには指導者の知識とそのためのトレーニング構成が求められます。

 

※こちらも合わせて読んで頂けると理解が深まります。

世界のサッカー強豪国に学ぶ~ 日本とスペインの育成の違い~
https://fcl-education.com/raising/independence-coaching/fcl-spain-football-world/

世界のサッカー強豪国に学ぶ アルゼンチンサッカーの根本
https://fcl-education.com/training/performance/world-junior-football-argentina-soccer/

ブラジルサッカーとの環境の違いから育成を考える
https://fcl-education.com/raising/sportsmanship/brazil-football-soccer-world-japan/

執筆者
Football Coaching Laboratory

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP