FCL育成談義第14回目 なぜ怪我をしない選手は良い選手なのか

本日は、FCL育成談義第14回目 なぜ怪我をしない選手は良い選手なのかをお送りいたします。今回14回目からは、埼玉県越谷市のおの整骨院院長小野卓弥氏とお送りいたします。

無地これ名馬、という諺があるように、スポーツシーンにおいても「怪我をしない選手は良い選手である」という風にして言われることがありますが、なぜ怪我をしない選手は良い選手と言えるのでしょうか?

ジュニア年代においては、どのようなトレーニングをすべきか、という問いは、「怪我」ということを起点に考えていくことが重要かもしれません。

※こちらも合わせて読んで頂けると理解が深まると思います。

ジュニアサッカーの怪我について~ スポーツ外傷・障害とは何か~
https://fcl-education.com/training/sports-injury/junor-football-injury-fcl/

 

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP