「走れる」「背が高い」などのフィジカル的要素で適正ポジションは決めても良いのか

昨今の育成環境では、「足が速い」「体力がある」という理由で、多くの選手がサイドバックへコンバートされていく。

他にも「足元がある」からボランチ、「背が高い」からセンターバックという様な、安易でステレオタイプ的なコンバートは多々ある。

このような判断は各々のポジションごとに与えられるタスクのイメージ、印象論によるものがほとんどだ。

確かに、ポジションによって求められる運動量が異なる傾向はあるが、それらはチームのコンセプト、ゲーム展開によって大きく異なっていく。

「走れる」サイドバックに立ちはだかる壁

もちろん現代においても「走れる」サイドバックの需要はあるが、現代サッカーの中盤のインテンシティの向上、ゲーゲンプレスの浸透などによってゲームメイク、ビルドアップの起点が中盤からサイドバックへと移行しつつあることを加味すれば、「走れる」だけのサイドバックの使い勝手も変わってくる。(トップクラブのサイドバックの選手にとってビルドアップ能力が必要不可欠であることは間違いないが)

スュペル・リグ、ガラタサライSK所属の日本代表、長友佑都選手は「走れる」サイドバックの代表的な選手だ。

また非常に高いデュエルの能力を持ち合わせており、押し込まれた試合で彼は非常に頼りになる存在である。

しかし、相手のプレッシングが速い時のビルドアップでは、ダイレクトの判断が遅れ、攻撃を遅延させてしまうシーンも多くみられる。(右利きという理由もあるが)

一方でリーグ・アン、オリンピック・マルセイユ所属の日本代表、酒井宏樹選手はダイレクトの判断に優れ、随所でチャンスメイクに関与している。

左右のビルドアップ経路に多少の違いがあると仮定しても攻撃面におけるその差は歴然である。

「走れる」という理由でサイドバックへコンバートすると、たいていの場合このような「ビルドアップ」の壁にぶち当たってしまう訳だが、昨今の育成環境に蔓延する「走り込みで走れるようにする」というアプローチの指導を受けると、当の本人はビルドアップ能力の欠落を自覚しないまま、ストロングポイントの「走れる」ことだけを伸ばそうとする。

現代サッカーにおける「サイドバックがゲームの舵取り役をする」といった傾向と逆行する一昔前のサイドバックの誕生である。

ステレオタイプ<ロジカル

ジュニア年代で「走れる」という理由でサイドバックへコンバートされ、ユース年代でビルドアップ能力を放置した走り込みを行い、状況認知・判断に乏しいサイドバックを生み出し続ける古典的な指導、身体的要素と印象論による適正ポジションの判断、このような事例は後を絶たない。

「走れるからサイドバック」「足元があるからボランチ」「背が高いからセンターバック」の時代はとうの昔に過ぎ去った。

ポジションごとのステレオタイプ的な思考を拭い去り、印象論ではないロジカルな視点を持ち指導をすることが現代の指導者には求められるのだ。

 

※こちらも合わせてご覧ください
運動量という抽象的な表現を超えて サッカーに必要なゲーム体力を考える
https://fcl-education.com/raising/sportsmanship/game-physical/

 

執筆者
JEC

中高大のサッカー競技経験や高校サッカー指導経験を経て、SNS上での戦術分析、ブログ「フィジカル的観点で考える個人戦術」において、部活動や育成年代のサッカーに関しての情報発信を行う。

RELATED関連する他の記事
PAGE TOP