スポーツ思想・哲学/2ページ目

スポーツ思想・哲学に関するタグ

ARTICLES 「スポーツ思想・哲学」に関する記事一覧

69件中 21-30

第2回FCL勉強会を終えての雑感 指導者の学びについて

先日第2回FCL勉強会を開催しました。 毎度、講師の寺田さんの熱意には圧倒されます。 約80分程度、ノンストップでサッカーやその指導について...

スポーツ思想・哲学 /

FCLインタビュー015【今こそスポーツマンシップについて考える 荒れるスポーツ業界におけるキーワード】

FCL動画インタビューをお送りいたします。 引き続き日本スポーツマンシップ理事の福士唯男さんにお話しを聞かせて頂きました。 今回のテーマはず...

スポーツマンシップ / スポーツ思想・哲学 / 体罰・パワハラ /

虐待の問題から考える理想的な指導者とは 体罰・パワハラ問題を考えるにあたって

暴力やパワハラのニュースが世間を騒がせ、スポーツ指導について改めて注目されている。 被虐待経験がある慢性疼痛患者を担当し様々な気付きを得た筆...

スポーツ思想・哲学 / 体罰・パワハラ /

子どもの運動は壊れているのか 作業的体育から娯楽的体育への変遷

昨今、「子供の運動が壊れている」という話をあちこちで聞くことがある。 子供の教育や運動指導に関わる方々とお話すると、だいたいこの手の話題にな...

スポーツ思想・哲学 /

FCLインタビュー014 【スポーツ指導はどこへ向かうのか 体罰、罰走、パワハラの根源を考える】

第14回FCL動画インタビュー「スポーツ指導はどこへ向かうのか 体罰、罰走、パワハラの根源を考える」をお送り致します。 今回は、日本スポーツ...

スポーツマンシップ / スポーツ思想・哲学 /

荒れるスポーツ業界で、今こそ「スポーツマンシップ」や「スポーツ教育」について考える

Good Gameとは スポーツとは「運動を通して競争を楽しむ真剣な遊び」であるということを前回の記事で紹介しました。 競争では、必然的に勝...

スポーツマンシップ / スポーツ思想・哲学 /

「罰走・体罰」古典的指導がもたらす悲劇 部活動における問題からジュニアサッカーを考える

キラキラとした青春の雰囲気とは裏腹に、ブラック部活や古典的指導による犠牲者は今もなお増え続けている 理不尽なルールや、指導という皮をかぶった...

スポーツ思想・哲学 /

サッカーは少年を大人にし、大人を紳士にするのか スポーツ教育の可能性を探る 

わが国の学校体育の授業は、子どもたちの技能向上と仲間づくりがもっとも重視され、それ以上に教えるべき何かがあるとは考えてこなかった歴史がありま...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

今、指導者に求められていることは何か スポーツ選手を育てること以上に大切なこと 

~選手は、俺が育てた!  2017年のデータですが、2種登録の高校3年生約60,000人のうち、Jリーガーになれたのは24名だったそうです。...

スポーツ思想・哲学 /

近代スポーツの成り立ちから見るスポーツの本質

スポーツとは運動にある要素を加えないとスポーツにならないのです。 それは「遊び」です。 スポーツでは「ゲーム(game)をプレー(play)...

スポーツ思想・哲学 /

69件中 21-30

PAGE TOP