スポーツ思想・哲学/2ページ目

スポーツ思想・哲学に関するタグ

ARTICLES 「スポーツ思想・哲学」に関する記事一覧

63件中 41-50

スポーツとフェアプレイ マリーシアと人間形成と 

良心とは何か スポーツを通して人間形成をする。フェア精神やフェアプレーと呼ばれるものは、人間の良心に依存するものと言える。  良心は生まれつ...

スポーツ思想・哲学 /

サッカーの楽しさとは何か 勝つこと上手くなることを超えて

相手との競争のみならず、チーム内での競争も激化し、レギュラー/非レギュラーという序列が生み出され、トレセンの合格や、より有名で強いチームへの...

スポーツ思想・哲学 / 育成論 / 自立・コーチング /

FCLインタビュー012「より有名でより強いチーム、という進路選びを超えて」

本日はFCL動画インタビュー永里氏シリーズ4回目「より有名でより強いチーム、という進路選びを超えて」をお送り致します。 特にジュニア年代では...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

育成論

2017.11.06

FCLインタビュー011導く指導のために 「褒めると叱る」「自律と自立」について考える

本日はFCL動画インタビュー11回目「導く指導のために 「褒めると叱る」「自律と自立」について考える」をお送り致します。 「自分を律すること...

コーチング / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング / 褒める叱る /

FCLインタビュー010「指導者と父性原理と母性原理 役を演じることの重要性」

本日はFCL動画インタビュー第10回目「指導者と父性原理と母性原理 役を演じることの重要性」をお送り致します。前回に引き続き、FC Will...

サッカー / スポーツ思想・哲学 / 育成論 / 自立・コーチング /

ドイツにおけるサッカージュニア年代の位置づけと取組み

ドイツサッカーにおけるジュニア期とはU11までを指す。 青年期がU15(14-15歳)以降とされ、日本でいう小学校高学年から中学1年生に当た...

スポーツ思想・哲学 / ドイツサッカー / 自立・コーチング /

育成論

2017.10.23

FCLインタビュー009「導く関係について考える 保護者やお父さんコーチはどのように選手に関わるべきか」

本日は、FCL動画インタビュー第9回目「導く関係について考える 保護者やお父さんコーチはどのように選手に関わるべきか」をお送り致します。今回...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スポーツ指導に対する一考 大人と子供の違い

運動することとスポーツをすることの違い。前回のシリーズで話に触れてきたが、今シリーズではもう少しそれについて違う角度から話をしてみたいと思う...

スポーツ思想・哲学 / パフォーマンス / 呼吸 / 姿勢 / 感覚 /

選手にとって「良い指導者」とはどんな存在かを考える

サッカー日本代表は、今年8月31日に埼玉スタジアムにて行われたワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦にて、勝利を納め、6大会連続の出場...

スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

スポーツにおいて「良い姿勢」という絶対解は存在するのか

昨今では、「姿勢が良い」事が競技力の向上や傷害予防に役立つとして、ストレッチングや呼吸やトレーニング等様々な方法論が主張されている。 一般的...

スポーツ思想・哲学 / パフォーマンス / 姿勢 /

63件中 41-50

PAGE TOP