“トレーニング論”の記事まとめ
/ 3ページ目

タグ “トレーニング論” がついた記事の一覧です

ARTICLES 「トレーニング論」に関する記事一覧

96件中 21-30

「走れる」「背が高い」などのフィジカル的要素で適正ポジションは決めても良いのか

昨今の育成環境では、「足が速い」「体力がある」という理由で、多くの選手がサイドバックへコンバートされていく。 他にも「足元がある」からボラン...

パフォーマンス / 戦術 / 自立・コーチング /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 後編

攻撃の構築をプランしよう。 そう言われたらどのようなプランを思い浮かべるだろうか。 「ドリブルメインの個人技で切り崩す」「とにかくパスの連続...

ドイツサッカー / ポゼッションサッカー /

ゴールという目的地に辿り着くために 攻撃プランの構築に向けて 前編

サッカーは自由度の高いスポーツだ。 試合では様々なシーンがあり、選手には状況に応じた判断力が求められる。 だが自由度が高い=何をしてもいいと...

ドイツサッカー / 自立・コーチング /

様々なGKスタイルと変わることがないGKの役割~ゴールキーピングと準備と実行~

GKの役割が変わる要因に、その国々におけるものの考え方やルールの変更、チーム戦術からの要求などが挙げられ、そうした変化の中でGKは様々なスタ...

GK / スポーツ思想・哲学 /

運動量という抽象的な表現を超えて サッカーに必要なゲーム体力を考える

指導者のエゴによって、数多の選手がその才能の芽を摘まれた。 これは高体連に限った話ではなく、ジュニア育成についても例外なく見られる傾向である...

持久力 /

スペインと日本の比較~プレーモデルと今後の可能性について~

スペインリーガーは、試合中に何を考えてプレーしているのか。 選手それぞれによっても状況によってももちろん考えていることは違うが、共通して言え...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 /

日本とスペインの違い 目的を明確にし意図を持ってプレーする習慣化の重要性

日本代表ハリルホジッチ前監督の電撃解任のニュースが世間を賑わせているる。しかし、スペインリーグでは監督解任は日常茶飯事で、成績不振、クラブと...

スペインサッカー / スポーツ思想・哲学 / 自立・コーチング /

GKトレーニングを全てのフィールドプレイヤーのトレーニングに キャッチ&セービング編 FCLオリジナル動画コンテンツ

本日はFCLオリジナル動画コンテンツ「GKトレーニングを全てのフィールドプレイヤーのトレーニングに キャッチ&セービング編」をお送り致します...

GK /

ブラジルの育成年代の現場から 日本とブラジルにおける「ミス」に対する捉え方の違い

「ブラジルでは一度でもミスをするともうパスが回って来ない」 日本でブラジルを語る時によく言われる事だ。  果たして本当のところはどうなのか?...

ブラジルサッカー /

少年サッカー怪我予防のために「姿勢」と「怪我」の関係について考える【後編】

後編では、前編で上げた良い姿勢の5つの視点、①力学的視点、②生理的視点、③心理学的視点、④作業能率的視点、⑤美学的視点についてそれぞれ具体的...

スポーツ障害・外傷 / 姿勢 /

96件中 21-30

PAGE TOP